ケノンの使い方について

ケノンの使い方

男女ともに支持のある、「 家庭用脱毛 ケノン 」ですが、ケノンに興味がある人の中には、" どんな使い方なの?? " " 器械おんちだけど大丈夫かしら? " " 素人だから失敗しないか不安・・ " という疑問があるかたもおおいでしょう。わたしも、ケノンの存在を知ったばかりの頃は、そんな疑問ばかりが頭を渦巻いていて、電話でも何度も使い方を確認したり、付属の説明書もなん度も読みましたが、いざやってみたらなんのその・・。本当に簡単すぎて、取り越し苦労だということがわかりました。。使用方法 1.まず、使用前にムダ毛をカミソリで処理しておきます。2.次にクーリング。付属の保冷剤で照射場所を冷やしておきます。 3.ボタンを軽く押すだけ。ムダ毛気になる部分に照射します。この作業を2週間に1度のペースでやっていくだけで、次第に自己処理のいらないツルツル肌になれます。機器に難しい英文字表記や、わかりにくいボタンなどはありません。使用方法に関しては、小学校低学年でも使える内容なので、器械おんちの方でも安心して使うことができます。ケノンの魅力は、いつでも好きなときにできることで、あいている時間を有効利用できます。また、エステサロンでは何十万とする全身脱毛が、ケノンなら70,800円で可能なことや、カートリッジを替えるだけで半永久的に使用することができるので、家族や友達でシェアしながら使うことも可能です。また、本体を購入時には、1個当たり照射20万発できるカートリッジが2個もついてくる特典と、美顔カートリッジもついてくるので、脱毛だけでなく、これ一台でフォトエステまでできてしまいます。

 

いまや、家庭用脱毛器といえば、「 ケノン 」。といわれるほど、脱毛器ユーザーにとってはいわずと知れたもの。ケノンは、かつてのイーモであり、イーモリジュでもあります。開発と改良を重ねて過去のモデルをチェンジしています。このような、実績と確実な効果があることから、口コミで評価が広まって今では安定した人気を確立しています。現在ケノンは、さらに脱毛の照射範囲がひろがり、一度の照射で3.7CMもの面積を脱毛することができます。たとえば、脇ならたった3回の照射で終了します。脇の脱毛は、脱毛サロンで照射範囲の狭いSパーツに当たるので、脱毛サロンに通ったことのある方は、なんとなくイメージがわくのではないでしょうか。照射範囲が狭くなることで、脱毛できる範囲が広くなるので、旧タイプのものよりも、1つのカートリッジでより多くの脱毛が可能になることと、冬場の寒い時期の脱毛はかなりこたえますが、照射時間を短縮できることで、ストレスのない、脱毛が可能です。脱毛というのは、毛周期に合わせて行うので、すぐにはつるつるにはなりません。肌の露出が増える夏場につるつるにしておきたい場合、逆算して冬場から2週間に一度の照射を目安に脱毛を行うことが理想的です。そして、脱毛器の照射には、より濃い色素にはんのうする性質から、太くてしっかりしたムダ毛のほうが、ダメージを与えやすいといわれています。よって、背中の産毛などの薄いムダ毛は、根気よく照射していく必要があるので、もっと早くから脱毛計画を立てるのがといでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ